販売

公務員が副業でせどりをすることはできる?バレずにする方法は?

最近は副業禁止の会社は少なくなってきていますが、公務員は変わらず副業をすることができません。

しかし、「公務員でもできる副業!」と謡ったビジネスが次々登場してきており混乱している人も多いと思います。

そこで今回は公務員が副業でせどりをすることはできるのかについて解説していきます。

公務員は副業でせどりをすることはできる?

結論ですが、「厳しい」と思っておいたほうがいいでしょう。

というのも、公務員が副業をするのは様々な法律で禁じられています。
公務員が副業をしたことがバレ、懲戒解雇になったケースもありますので十分注意する必要があります。

その法律についてご紹介します。

国家公務員法

国家公務員法では、以下のような記載があります。

第百三条 職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

引用:国家公務員法第103条(私企業からの隔離)

要は、「営利目的で副業をしてはいけませんよ!」ということです。

つまり、公務員が副業で利益が出るせどりをしてはいけないことがしっかりと明記されています。

地方公務員法

続いて、地方公務員法にも以下のような記載があります。

第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。ただし、非常勤職員(短時間勤務の職を占める職員及び第二十二条の二第一項第二号に掲げる職員を除く。)については、この限りでない

引用:地方公務員法38条(営利企業への従事などの制限)

この地方公務員法ですが、任命権者の許可を得ることができれば副業をしても大丈夫です。

しかし、許可が下りても「職務に専念する義務」が公務員にはありますので副業が影響して本業に支障をきたすことが無いようにしなければなりません。

人事院

人事院が公開している「業務違反防止ハンドブック」をご覧ください。

こちらではこのように明記されています。

職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注
意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従
事しなければならない。

引用:業務違反防止ハンドブック

このハンドブックでは「小売業」に該当する副業をしてはならないことが明記されています。

せどりは「小売業」に該当しますので、NGです。

公務員が副業でせどりをしていることがバレてしまうケースは?

法律や人事院から副業が禁止されているとはいえ、全員が守っているわけではありません。

こっそり裏で対策を練りながら副業をしている公務員も一定数います。
公務員の収入だけでは生活が厳しい現状もありますので、致し方ない部分はあるかもしれません。

そこで公務員が副業でせどりをしていることがバレてしまうケースについて理解しておきましょう。

他言する

大前提ですが、自分が副業をしていることを第三者に言ってはいけません

公務員仲間同士、告げ口はしないだろうと高をくくっていると裏をかかれる恐れがあります。
誰が密告してもおかしくない状況になってしまいますので、他言無用です。

確定申告

副業と言えどせどりで年間20万円以上の収益が出れば、確定申告をしなければなりません。

しかし、ここで

  • 確定申告を忘れて税務署から連絡が来る
  • 「住民税」を「自分で納付する」にチェックを入れていない

などのミスで会社にバレてしまう恐れがあります。

詳しい確定申告の情報についてはこちらをご覧ください。

副業せどりは会社にばれる?ばれない方法や副業にせどりをするメリット・デメリットも!会社の中には「副業禁止!」と掲げていることも多く、公務員は副業を全面的に禁止されています。 ただ、どんどん収入が落ちていっている日...

SNS発信

せどりで稼いでいることをSNS上に発信することは問題ありませんが、決して本名を公開してはいけません

Twitterでは「せどり業界」で本名を公開している人がいますが、あれは結構危険です。
また、何かしらのサービスで本名を登録することも避けておきましょう。

会社は徹底して調べ上げることが可能です。

公務員でも副業でせどりがしたい場合は?

バレないように対策を講じれば、公務員でも副業でせどりをすることは可能です。

しかし、かなりリスキーです。
バレれば懲戒解雇もあり得ますし、最悪損害賠償請求を食らう可能性があります。

それでも公務員でも副業でせどりがしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

家族がしていることにする

自分がせどりをしているのではなく、家族がせどりをしていてそれをサポートしているという形にしておけば問題はありません。

確定申告も家族名義で行うことをおすすめします。

営利目的で販売しない

「それはせどりなのか?」と問われると困ってしまうのですが、営利目的で販売しないことも1つの方法です。

あくまで「家の不用品を処分している」という形でせどりを行うのがいいでしょう。

まとめ

今回は公務員は副業でせどりをすることはできるのかについてご紹介しました。

結論「厳しい」のですが、対策を講じればできなくもありません。
バレた時のダメージが大きいですが、バレなければいい理論に乗っかれば大丈夫です。

なるべく小規模に抑えるようにしてくださいね。

ABOUT ME
yama
学生時代、中古せどりで月収30万円を達成しました。そんな私が「せどりマガジン」としてせどりの情報を発信していきます。