販売

アパレルせどりは儲からない?儲からない理由や改善方法も!

低資金・高利益を望めるアパレルせどり。

しかし、アパレルせどりを実践してもなかなか儲からない人が多くおり、「儲からないからやめよう…」と市場から撤退してしまう人がいます

そこで今回は、アパレルせどりは本当に儲からないのか解説します。

アパレルせどりが儲からない理由は?

基本的にアパレルせどりで儲かっている人もいますし、儲からない人もいます。

儲かっている人はアパレルせどりに対してしっかりと取り組んでいますが、儲からない人はアパレルせどりを片手間で取り組んでいるのではないでしょうか。

それ以外のアパレルせどりが儲からない理由は以下のようなものがあります。

【儲からない】① 仕入れ値が高すぎる

まずは、仕入れ値が高すぎるからです。

アパレルせどりに限らず全てのせどりに言えることですが、仕入れ値は限りなく低く抑えるべきです。
例えば、5,000円で販売したいものを5,000円で仕入れると赤字です。

また、

  • 仕入れに行くまでの交通費(電車賃やガソリン代)
  • 仕入れから出品作業までにかかった時間。
  • 自分の労力

なども仕入れ値として差っ引く必要があります。

【儲からない】② 売れない服を仕入れている

続いて、売れない服を仕入れているからです。

アパレルせどりの販売先はメルカリやヤフオクなどのフリマアプリになりますが、何でもかんでも売れるわけではありません。
フリアアプリにはしっかりと売れ筋があり、

  • ブランド
  • デザイン

の2つを重視して仕入れておけば売れない服を仕入れることはありません。

【儲からない】③ 服の売り方がわかっていない

続いて、服の売り方がわかっていないからです。

「え、普通に価格を決めて写真を撮影するだけじゃないの?」と思う人も多いと思いますが、実はアパレルせどりはそんな簡単な話ではありません。
アパレルせどりには、

  • 高値出品
  • 定額出品

の2つの出品方式があります。

この出品方式を駆使して服をさばいて行く形になります。

【儲からない】④ 出品数が少ない

続いて、出品数が少ないからです。

一般的な古着屋さんでも100着ほど仕入れて販売していますので、アパレルせどりのスタートラインは100着だと思ってください。
それ以下の出品数だとなかなか売れて行くことはありません。

このようにメルカリで古着を出品している方を見ても分かる通り、圧倒的出品数です。

アパレルせどりが儲からない時にやるべきことは?

さて、儲からないのにはそれなりの理由があることがわかったと思います。

では、アパレルせどりで儲からない時にやるべきことは何があるのでしょうか

【やるべき】① 売れる商品をリサーチする

まずは、売れる商品をリサーチすることです。

古着に限定すると、

  • アディダス
  • NIKE
  • ノースフェイス
  • チャンピオン

などのブランドが売れやすい傾向にあります。

また、古着のデザインも大事で「派手」さを重視したほうがいいと言えるでしょう。

例えば、菅田将暉さんのような古着はメルカリで大人気です。(#菅田将暉と検索してみてください。)

【やるべき】② コンサルを受ける

続いて、コンサルを受けることです。

初心者がいきなりアパレルせどりで月収10万円を稼ぎ出すことはほとんど不可能に近いでしょう。
毎日、数時間アパレルせどりに特化すれば可能かもしれませんが現実的ではありません。

いっそのことコンサルを受けてしまうのも1つの方法です。(noteでもOK)

【やるべき】③ 仕入れ先を限定する

続いて、仕入れ先を限定することです。

セカンドストリートやオフハウスなどがアパレルの仕入れ先として知られていますが、価格差を取ることが難しくなってきています。
特にネットショップが展開されてから価格調整が徐々にされており、メルカリとの価格差も比較されつつあります。

そのため、ベール仕入れなど自分だけの仕入れ先を限定することが大事です。

アパレルせどりをおすすめできない理由は?

実は、アパレルせどりには向き不向きがあります。

アパレルせどりをおすすめしたい理由はたくさんありますが、おすすめできない理由もいくつか存在します。

【おすすめできない】① 覚えるべきブランドが多すぎる

まずは、覚えるべきブランドが多すぎるからです。

  • NIKE
  • アディダス
  • チャンピオン
  • ノースフェイス
  • GILDAN

パッとあげただけでもこのようなブランドがありますが、アパレルせどりでガンガン稼いで行く場合はもっとブランドを覚えなければなりません。
「あ、このブランドは!」と瞬間的に仕入れの判断をできるようになって初めて稼ぐことができると考えましょう。

【おすすめできない】② 出品に時間がかかる

続いて、出品に時間がかかるからです。

アパレルを出品するために必要な作業は、

  • 撮影
  • 採寸
  • 価格設定
  • 匂いやヨゴレ取り

などがあり、1品を出品するために必要な時間は最低でも10分です。

もし100着出品しようとすると1,000分(約14時間)かかりますので、外注化するなどしないとやってられません。

まとめ

アパレルせどりで儲からないのにはそれ相応の理由があります。

逆にアパレルせどりで儲かっているのにもそれ相応の理由がありますので、YouTubeやブログを見て勉強することが大事でしょう。

ABOUT ME
yama
学生時代、中古せどりで月収30万円を達成しました。そんな私が「せどりマガジン」としてせどりの情報を発信していきます。